1973年に結成した長野市のジャズビッグバンド・ホットブリザードジャズオーケストラです。長野市を中心に各種イベントなどで演奏しています

プロフィール

■歴史
 1973年(昭和48年)、長野市民吹奏楽団員の「ジャズ・ラテン好きなメンバー」によって結成。当初のメンバーには日本気象協会・内田寛、信越放送・武田徹、池田正紀の各氏、現バンドマスターの宮坂宏一らがいた。
バンドの歴史を表す写真  バンド名の「ホットブリザード」とは「熱い雪嵐」という意味である。活動の本拠地は長野市。現在のバンドメンバーは公務員、会社員、自営…と多彩である。
 1982年(昭和57年)、宮間利之とニューハードのアレンジャー兼ギタリストである山木幸三郎氏と出会う。以降、楽譜提供などを受け1997年より山木氏を音楽監督に招聘、現在に至る。カウント・ベイシー楽団やデューク・エリントン楽団のレパートリーを基本に、山木氏のアレンジもライブラリとしている。現在そのアレンジ曲は600曲を超えている。
 過去のリサイタルでは中村誠一氏(T・Sax)、金子晴美氏(Vo)、山岡(旧姓佐藤)未来氏(Vo)、原朋直氏(Trp)、四方田勇夫氏(Dr)、中村SARI氏(Vo)らと共演している。


■バンドマスター挨拶
バンドマスター  当バンドも来年で結成40年を迎えることになりました。これも地域の皆さまのご支援のおかげです。メンバーも年を重ねてまいりましたが、 それとともに演奏にも円熟味が増してきたのではないかと思っています。私共の演奏を通じてジャズの素晴らしさ少しでも伝えることが出来たらこんなに嬉しいことはありません。

バンドマスター・宮坂宏一


■音楽監督・山木幸三郎氏
山木幸三郎氏  1997年よりホットブリザードジャズオーケストラの音楽監督をして頂いている山木幸三郎氏。日本を代表するビッグバンド・宮間利之とニューハードのアレンジャー兼ギタリストであり日本のビッグバンドの水準を国際基準にまで引き上げた立役者。


■メンバー(各パート五十音順)

Saxophone


Trumpet


Trombone


Drums


Piano


Bass


Guitar